相手方の資力について

最悪の場合、民事裁判などの法的手続きに移行すれば売掛金回収の確率は高くなります。しかし、そのような強硬な手段を選ぶと債務者とのこれまでの信頼関係が壊れてしまう恐れがあります。とは言え、債務者が倒産して売掛金回収が不可能になっては債権者としても困ります。そのため債権者は、「回収不可能」と判断した時点で速やかに法的手続きに移り、強制的に売掛金を回収する必要があります。

「回収不可能」と債権者が判断するには、相手方の資力を確認する必要があります。資力とは「お金を支払う事ができる能力」を指します。具体的な数値として資力を算出する事は困難ですが、色々な情報から資力を推定する事が可能です。例えば、債務者への連絡が困難になったり、債務者が貸金業者と取引しているという情報がある場合には、「債務者の資力が尽きかけている」と判断する事ができます。また、債務者が在庫処分に踏み切った場合にも、資力が尽きた可能性が高いです。

しかし「資力が無い」債務者から売掛金を回収する事は著しく困難です。法的手続きに移ったところで、債権者に支払われるべき金銭がどこにも無いからです。そのような場合には、速やかに弁護士に相談しましょう。最後まで売掛金回収を諦めてはならないのです。

「関連資料」
売掛金の回収 | 売掛金の回収・債権回収のお悩みなら弁護士法人アディーレ法律事務所