消滅時効とは

消滅時効とは「一定期間、債権が行使されなかった場合に、その権利が消滅する制度」です。何故そのような制度があるかと言えば「債権を行使できる状態なのに何もしないのはおかしい。それならば債権は認められない。」という考え方の下で法律が定められているからです。

実は売掛金未払いの状態が続くと、売掛金の存在の消滅時効が来てしまいます。債権者としては、消滅時効までに速やかに売掛金を回収する必要があります。売掛金の消滅時効は売掛金の種類によって違います。宿泊料、運送費、飲食代に該当する売掛金は、わずか1年で消滅してしまいます。製造業、卸売業、小売業といった業種の売掛金は2年で、設計費や建築・工事の売掛金は3年で消滅します。またどの種別にも属さない売掛金であっても、5年が経過すると全て消滅してしまいます。

消滅時効が成立するには、「該当する期間の間に一切の返済が無い」事が条件です。つまり債務者の方にとってみれば、「消滅時効まで支払いを拒み続けた方が得」になります。債権者としては、なんだか釈然としないものでしょう。しかし消滅時効に対して債権者が何もできないかと言うと、そうではありません。時効が迫っている場合でも、様々な法的手続きによって時効を中断する事が可能です。「支払督促」など、様々な手段をとる事ができます。